【時間がない人向け】価格.COMで引っ越し業者選びしてみた。

How To

こんにちは、ドクです。転職に伴い、想定外に引っ越しを迫られたため、期限まで一週間を切っての業者探しをしたので、充てもないため手っ取り早く‟価格.com”を使ってみました。どんなもんかと思う方もいると思うので綴りたいと思います。

システム

知ってる方も多いと思いますが、システムはよくある一括査定方式。

数社宛に見積依頼をWebフォームを使用しての、家財の一覧とザックリの住所を書き込んで行います。

この依頼時に、業者一覧が出てきて送信先を選べるようになってます。

なので予め高そうな所や、以前使用してイマイチだと思った所は外したりも出来ます。

私は、特にわからないので、5社宛に送信してみました。対象は以下です。

  • 引越一番
  • ジョイン引越ドットコム
  • 引越のサカイ
  • アート引越センター
  • アップル引越センター

リアクション

入力を行うと、「送信しました、受付しました」的な画面へ。

この後各社より連絡が来るのを待ちます。

1番手

一番早かったのは‟引越一番“わずか分以内での電話でした!

軽く詳細を聞かれた後、「幾らくらいと思います?」ときたので、大体の相場「3万円。」と答えたところ…

「ん~、知ってますね~ですが期日が近いので、3万5000円です。」とのことで、まずは検討~と。

2番手

次に連絡があったのは、‟ジョイン引越ドットコム”電話を切って、10分後でした。

こちらも同様に質問を受け、価格は…「3万8500円」う~ん、高い!また後程…笑

しかしここで、「ぶっちゃけ今、他で検討されてる価格は幾らでしょうか?」とくる。

3万5千円ですよ…」と答えると、「ではうちも、同価格にしますが、如何でしょう?」

いきなり3500円安くなりました!しかしまだ2件目、ここは様子見で「検討します。」で受け流します。

3番手

さあ、3番手は‟引越しのサカイ”大手ですねぇ。どんなもんでしょうかと質問に答えると…

ズバリ、「3万3000円!」サービス内容の説明が少し長かったのですが、安いっ!いいじゃあないですか!大手ということもあり、信頼度は抜群!

ですが、まだ2件あります。ここは同様に、「検討します。」で一旦逃げます。

しかしここで一言きました、「この日は空きの枠が一つしかないので、お早目のお返事を下さい!」と!本当なのか、仕掛けに来たのかは不明ですが、他のところも気になる為、ステイです。

因みに、一括送信後40分後くらい経ってからの連絡でした。

4番手

さあ、さあ、4番手!‟アート引越センター”です、こちらも大きいですね!

掛かってきたのは、一括送信後一時間強が過ぎた頃でした。どうでしょうかと話をすると…

「ご希望の期日では、空きがなく対応出来そうにありません。他の日では駄目でしょうか?」との事。

最早、猶予が無い私は、その旨を伝え、お断りしました・・・。残念。

しかし後から、金額だけでも聞いておけばよかったと後悔しました。すみません、ポンコツです。

ビリ

さて、一番遅かったのは、‟アップル引越センター”です。聞きなれているようで、個人的にはあまり聞き覚えがありません。

ですが、話を伺わない事には材料がないので、お話した所…。お値段「3万3000円」首位タイできました。しかも、引越のサカイさんと内容的にはほぼ変わらず。

どーしたもんかと考えていると、こちらにはまだ空きがあり、予定時刻を選べるとの事。

これはいいじゃないですか!そして無料段ボールも大小20箱とりあえずくれると…「不足なら申しつけ下さい。」と言われましたが、単身なのでそんなに要りません…笑

選んだ業者

すべての業者さんよりご連絡いただいたので、条件も融通も利きそうな連絡‟ビリ”の‟アップル引越センター”さんに決めました!

余談ですが、2番手だった‟ジョイン引越センター”さんですが、さらに後程お電話を頂き、さらなる食い下がりを繰り広げてきました。

「価格は揃えて、3万3000円でどーですか?」と。

ですが、これ変わらないなら別に決めたのを変える必要もない・・・なんなんだ。そう思ってもう決めた旨を伝えると、敗因を教えろと。

  • 時間帯を選べるのか  → 選べません
  • さらに安くはならないのか  → なりません
  • なぜ初回からこんなに値が下がるのか  → 商売なので

というやりとりとなりました。やはりこちらにメリットはない。
ありがとうございました。

まとめ

今回良かったと思ったのは、急いでいるとはいえ決め打ちせずに、複数業者に見積り頂けた事でした。

お陰で、金額にもランチ2回くらい差が出ることがわかり、またサービス内容にも若干の差があると知ることが出来ました。

ドク
ドク

商売って難しいですね。タイミングとちょっとした条件で有無が変わります。また、現在市場の把握も必須ですね。自分が何かするときは、まず調査することにします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました